労働分配率とは

会社にとって「従業員の給与の決め方にあたまを悩ませることは珍しくありません」経営陣は合理的で社員の不満、不安にならない様に冷静に決定する必要があります。人件費を決定する方法の一つに「労働分配率」がありこの労働分配率を知るために「付加価値額」と「人件費」の2つを理解する必要があります。「付加価値」とは、会社が「付け加えた価値」を意味しますので、例えば、商品を1,000円で仕入れ、1,200円で売るならば、会社が200円の価値を付け加えたことに成ります。「付加価値額」とは、ほぼ「売上総利益」と同じと考えましょう。人件費とは「給与」のほか、会社が負担する社会保険料や雇用保険料の「法定福利費」。さらに会社が負担するリクリエーションなどの費用「厚生費」を加えた総額になります。従業員が、働くうえで欠かせない費用総額が「人件費」と考えてお話しします。

スキル先生
スキル先生

労働分配率とは、「付加価値額」に占める「人件費」を知ることです。これによって、会社に占める適正な人件費を知ることができます。計算式は、次のとおりです。
労働分配率(%)=人件費÷付加価値額      

Tanちゃん
Tanちゃん

人件費が100万円/会社の利益が250万円なら労働分配率は40%ね

Qooちゃん
Qooちゃん

会社の利益が減ったり、無駄な残業が増えると労働分配率は上がるって事か!大丈夫その会社?

タイトルとURLをコピーしました